*バチッ!!静電気が起きるわけと手軽にできる静電気防止対策① | 秋田市周辺の不動産をお探しなら株式会社サクラエージェンシーにお任せ下さい。

【株式会社サクラエージェンシー】

018-864-1616

営業時間9:00~17:00(土曜日(10:00-16:00)) 定休日水・日曜日・祝日

日記
*バチッ!!静電気が起きるわけと手軽にできる静電気防止対策①

これから寒くなると静電気が気になりますよね。

ドアノブや車のドアに触れたとき、服を脱ぐときに「バチッ!」。

1日に何度もなると怖くなってしまいます。

 

静電気でビクッとなる日々とさよならするために、今回は手頃な静電気対策をご紹介します。


 

そもそも静電気とは?】

物質が帯びている電気には、プラスとマイナスがあります。

服や肌等がこすれ合った時に、そのバランスが崩れ「バチッ!」とくる現象が静電気です。



 

なぜ冬に発生しやすいのでしょう?



 

湿度と静電気は密な関係があります。


 

人間が電気を帯電していても、湿度が高い時は空気中に水分が多いので、空気中の水分を通して素早く電気は逃げてしまいます。夏でも静電気は起きているのですが、湿度が高いと、物体に溜まる電気が少なく「バチッ!」とまではいかないんです。


 

一方、湿度が低い時は空気中に水分が少なく、電気を流す逃げ道が少ないんです。そのため、人間や物体に電気が溜まりやすく、金属に触れた際などに一気に電気が流れ、「バチッ!」と放電されるというわけです。

 

 

空間全体の湿度をコントロールするのは難しいし、加湿器を稼働して部屋が結露したり、カビが発生したりする恐れもあるので、自分自身で静電気を溜めないようにすることが大切です。

投稿日:2018/11/26   投稿者:-