日記 2019年4月 | 秋田市周辺の不動産をお探しなら株式会社サクラエージェンシーにお任せ下さい。

【株式会社サクラエージェンシー】

018-864-1616

営業時間9:00~17:00(土曜日(10:00-16:00))定休日水・日曜日・祝日

日記

新元号『令和(れいわ)』とは

日本の元号で、2019年4月30日の天皇の退位を前に、同年4月1日に『平成』に代わる元号として発表されました。新天皇の即位日となる2019年5月1日に改元が行われます。


元号の出典

日本最古の歌集「万葉集」巻五の「梅花の歌三十二首 序文」にある文章で、「梅花の宴」として知られている場面の一部です。

『初春の月にして、氣淑く風ぎ、梅は鏡前の粉を披き、蘭は珮後の香を薫す。』(書き下ろし文)

上記の文面から二文字を取って命名されました。


現代語に訳すと...

初春の佳き月(よきつき)で、空気は美しく風はやわらかくそよいで、梅は美女の鏡の前に装う白粉(おしろい)のごとく咲き、蘭の花は身にまとうお香のように良い匂いを漂わせている。


安倍晋三首相は、新元号『令和』に込めた意味についてこう語っています。

「悠久の歴史と香り高き文化、四季折々の美しい自然、こうした日本の国柄をしっかりと次の時代へと引き継いでいく、厳しい寒さの後に春の訪れを告げ、見事に咲き誇る梅の花のように、一人一人の日本人が明日への希望とともにそれぞれの花を大きく咲かせることができる、そうした日本でありたいとの願いを込めた」


「梅の歌」は梅の開花とともに、春の訪れを喜んだ内容の歌です。

月とは、何事をするにも良い月。めでたい月。という意味があるようで、私は新元号にぴったりのように感じました♪




投稿日:2019/04/27   投稿者:-